リフォームの一連の流れや基本的知識を身につけておこう

流れを把握しておく

ベッドルーム02

リフォームを行う際、まずは目的をしっかりと決めることが必要です。
どの部分をどんな風にリフォームしたいのかを決めることで、失敗することはありません。
また、目的を決めたら、リフォーム後の家のイメージをすることも大切です。
一番変えたいところはどこか、そういった優先順位を考えておくこともリフォームする際には重要といえます。

どんな風にリフォームしたいと考えていても、イメージが膨らまないということもあります。
そういった場合は、リフォーム雑誌やインターネットを活用し、イメージを膨らませるというのも良い方法です。
また、ショールームに行き、実際に自分の目で確かめるというのも1つの手です。
ショールームに行くことで、リフォーム専門業者の人と関わることができ、不安や疑問に思うことを気軽に相談できます。

どんな風にリフォームするのか決めたら、工務店や設備会社などに実際に行き、リフォームについて相談します。
どれぐらいの予算になるか、どういった手続きが必要になるかなど、細かな情報を確認し合います。
このとき、1つの業者ではなく複数の業者に相談するというのが望ましいです。
そうすることで、自分達の意見と一致する業者を見つけることができます。

複数の業者に相談し、見積もりなどをしてもらった後、条件の合う業者に依頼します。
業者が自宅に訪問し、家の状態を確認し、プランの提案をしてくれます。
プランを決定し、見積書など手続きを進めたら、工事をしてもらい、引き渡しという流れです。

工事にかかる費用

マンション04

リフォームする際には、材料費や労務費など、様々な費用がかかります。リフォームをする前に、あらかじめどういった費用がかかるのかについて把握しておくことが大切です。

信頼できる業者に

ダイニング

リフォームを業者に依頼する場合は、信頼できるかどうかを判断する必要があります。価格だけで業者を決めるだけでなく、親身に対応してくれるか、実績があるのかなども確認する必要があります。

情報収集の方法

床01

リフォームを成功させるためには、たくさんの情報を集めることが大切です。情報は、インターネットや雑誌などで集めることができます。また、実際にリフォームを体験した人の口コミを参考するのも1つの手です。

建て替えがいいか

家07

リフォームを行う際は、まずは目的を考える必要があります。家を住みやすいように変える方法としては、リフォームだけでなく「建て替え」という方法もあります。どちらがいいのか判断する基準について紹介します。

契約する時にチェック

キッチン03

リフォームの契約を行う時には、いくつかチェックしておきたいことがあります。金額や工事にかかる期間、工事内容など、工事を成功させるためにもチェックしておくことはたくさんあります。

予算オーバーの場合

ローラー02

リフォーム時、あらかじめ予算を決めておくのが基本です。しかし、価格設定をしていても、予算をオーバーしてしまうことがあります。そういった時は、工事範囲を縮小、使用する材料を変更などの措置を取りましょう。